医療脱毛

医療脱毛が可能な部位

基本的にはどの部位も医療脱毛はOKとされていますが、レーザー脱毛機が部位によって得意不得意な機種がありますので、クリニックによってはすべての部位が可能ではないところもあります。

 

必ず、脱毛できる部位を確認して通うようにしたいですよね。以下人気の脱毛部位です。

ワキ脱毛

多くの人がおこなっているのがワキの自己処理。気になる部分なので頻繁におこなっていると思います。

 

毛抜きやかみそり、ワックス、除毛クリームなど、いろいろな方法はありますが、どの方法も、お肌を痛めてしまう危険があるものばかりです。そして、そのダメージを蓄積していくことでお肌の老化を早めてしまう原因になるのです。

 

医療脱毛というのは、面倒な自己処理をしなくてもよくなるということだけがメリットではなく、お肌を痛める危険も無く、毛穴を目立ちにくくしてくれる効果もあります。

 

うぶげなどの細く薄い毛は、なかなか医療脱毛が難しいのですが、ワキの毛というのは、ほとんどが硬毛なので、脱毛効果が出やすく、ほとんど完全に脱毛をすることが可能な場所です。

 

医療脱毛をするときに、乾燥や肌荒れなど、お肌が痛んでしまっているという場合には、事前にケアをして、医療脱毛を安全に、また、効果的におこなえるようにケアをするといいでしょう。

手足の脱毛

Tシャツやノースリーブ、ショートパンツ、ミニスカートなど、手足は出すことが多い部分なので、人に見られる部分でもあります。

 

ムダ毛が気になっていたら、好きなおしゃれを楽しむことが出来ません。ですから、手足の自己処理は欠かせないという人が多いと思います。ほかの部分に比べると、でこぼこしている部分ですし、広い部分なので、自己処理をするのには大変ですし、利き腕を自己処理するときに、

 

反対の手で処理をしなくてはいけないので、怪我をしてしまう可能性もあります。手に比べて、足には濃い毛が多く生えているという場合が多く、埋没毛が出来るというトラブルが多い場所でもあるようです。

 

医療脱毛でも、レーザーのうち漏らしが無いように、丁寧に処理をする部分のようです。

Vライン全体

Vラインにはいろいろな悩みがあるという人が多いでしょうし、みんなどんな風に脱毛しているのかなど、なかなか人に相談しにくい場所ですよね。

 

Vライン脱毛とは、すべてを脱毛してしまうという方法ももちろんありますが、それだけではなく、毛の量を全体的に減らしたり、形を整えるという方法もあるのです。毛が濃くて悩んでいる人は、自然のボリュームをダウンさせることが出来ます。

 

また、Vラインはデリケートな部分なので、毛抜きなどの自己処理は痛みが強いですし、かみそりなどで傷をつけてしまうと、化膿してしまったりすることも考えられます。医療脱毛なら、そんな悩みをすっきり解決することが出来てしまいます。

 

ビキニ部分での隠れたもう一つの悩みとは?
ビキニ部分で脱毛といえば、ショーツからはみ出ることが無いように、ビキニラインの範囲を狭めるという脱毛です。しかし、女性のビキニ部分の悩みは、範囲だけではありません。悩みにはビキニ部分の濃さも悩みのひとつになっていることでしょう。

 

ほかの部分の脱毛は、すっきりすべての毛を脱毛してしまいたいですが、ビキニ部分は、つるつるに脱毛してしまうというのも少し抵抗があります。そこで、脱毛ではなく、毛を減らすことは出来ないのかという要望が多く、減毛という方法が実現したのです。

 

V全体の減毛-残す毛量や形について
ビキニ部分は、必要の無い部分を脱毛してしまうことが出来ますが、それだけではありません。自分の好みの形に整えたり、全体的に毛のボリュームをダウンさせたりという、減毛も可能なのです。

 

毛の形やボリュームにはそれぞれ好みがあると思うので、しっかりとカウンセリングを行い、自分の希望にあったビキニ部分の脱毛をすることが大切です。脱毛してしまうと毛は戻ってきませんので、恥ずかしがらずに、好みや希望はしっかりと伝えるようにしましょう。