医療脱毛

IPL脱毛

IPL(インテンス・パルス・ライト)は、特別な光を使って脱毛をする機器です。原理は医療脱毛と同じです。黒色に反応し、光エネルギーで毛根や、毛包周辺にある毛の再生組織を破壊します。ただ、医療レーザーに比べて出力が弱いので、肌の深いところまでまでエネルギーが到達しないので、効果は低いようです。

 

人によってはまた毛がはえてきたという人もいるようです。確実に脱毛が出来るという保障はなさそうです。乾燥肌の人には向かないともいわれています。ただ、出力が弱いので、少し温かく感じる程度で、痛みをほとんど感じないというメリットもあります。

 

また、IPLは肌を活性化させてくれる効果もあり、毛穴を引き締めたり、キメを整えてくれるというような美肌効果も期待できるようです。脱毛をしながら、お肌もきれいになるというのは、大きなメリットですね。

電気針

医療脱毛が登場する前の脱毛方法といえば、電気針脱毛です。エステでもおこなわれてきた脱毛法です。毛穴一つ一つに針をさして、電気を流すことで、毛根や毛母細胞などを破壊し、脱毛をします。

 

1本1本に針をさして脱毛するので、確実に永久脱毛が出来ます。うぶげなど、細い毛は医療脱毛では反応しにくいのですが、電気針なら確実に脱毛することが可能です。永久性が高いというメリットもあります。

 

また、男性などが完全に脱毛するのではなく、ひげやスネ毛などを薄くしたいという、毛の量の調節なども可能です。

 

ただ、1つ1つなので、広範囲でレーザーを当てられる医療脱毛に比べて、施術には時間がかかります。そして、電流を流すので、痛みもあり、肌トラブルが多いというデメリットもあります。

 

電気針脱毛が出始めたころは、皮膚まで焼いてしまい、やけどや色素沈着などのトラブルが多くありましたが、今では、皮膚に電流が流れない特殊な針を使用しているので、以前よりもトラブルは少なくなっているようです。

エステの脱毛

脱毛というとエステでおこなうと思っている人が多いのではないでしょうか。確かに、エステでも脱毛をしているというところはたくさんあります。

 

毛根の部分を破壊しておこなう永久脱毛をエステでおこなうことは違法行為なため、現在は光脱毛などを行ってるエステサロンが多いですよね。一概に言えませんが、医療脱毛と比べて効果が低いと言われていますが、お肌はつるつるになるところも多いようです。

 

エステサロンに通ったけど、結局脱毛効果がみられず、クリニックに通いなおすという人も多いので脱毛をする時は脱毛サロンにするか医療脱毛にするかよく考えて契約するといいでしょう。