医療脱毛

全身脱毛

全身のムダ毛の悩みから開放されたいムダ毛の処理というのは、本当に面倒なものです。

 

埋没毛や肌荒れ、乾燥、色素沈着・・・。きれいにしたくて脱毛しているのに、これでは悩みが増えるばかりです。

 

自分で見えない部分の毛深さに気がつかなかったり、自分で処理できない部分があったり、脱毛の悩みは絶えることがありません。いろいろなおしゃれがしたいのに、ムダ毛が気になって、露出の多い服をきるのが抵抗があるという悩みを持つ女性多いことでしょう。

 

ムダ毛にコンプレックスを持っている人も多いですし、それを人に言えないでいるという人も多いはずです。全身ムダ毛の無い、つるつるのお肌だったら・・・。それはすべての女性にとっての憧れですし、面倒なムダ毛の処理から開放されることになります。

 

医療脱毛をおこなう人も多くなってきていますが、一部分だけの脱毛だと、脱毛をした部分としていない部分の境目が不自然に見えてしまうこともあります。それを解消するためにも、全身脱毛という方法があるのです。

 

全身脱毛で処理する部位というのは、
・足(ひざ下・ひざ・太もも・指・甲)
・手(ひじ上・ひじ下・指・甲)
・ビキニゾーン(Vライン・V全体・デリケート)
・おしり(おしり表面・肛門まわり)
・体前面(上部全体・下部全体・乳輪まわり・へそまわり)
・背中(上部全体・下部全体)
・うなじ
・顔(ほほ・鼻下・あご・あご下・額)
です。

 

同じ人でも全身の毛は太さや濃さが違います。そして、毛根の太さや毛周期も違ってきます。ですから、部位によって、レーザー出力レベルを調整したり、照射方法を変えたりする必要があります。

 

場所によって臨機応変に対応して脱毛をすることで、全身が脱毛の悩みから解消され、自己処理のトラブルからも解消されるのです。

VIO脱毛

徹底した衛生管理を心がけ、デリケートな部位も安全に脱毛デリケートな部分であり、なかなか人に相談しにくい部分のVIO脱毛。ここ何年かの間に、かなり人気の高まっている脱毛部位です。

 

多くの方が悩んでいる、他人には言えない悩みエチケット部分の脱毛。どのように処理していますか?

 

悩みは多い場所なのに、なかなか相談しにくい場所でもあります。ほかの人はどんな方法で脱毛をしているのか・・・。気になるけれどなかなか聞けませんよね。自分では見えない部分もあり、処理するのは難しい部分でもあります。

 

そんなこともあり、最近人気が高まっているのが、レーザーでのエチケット脱毛です。エチケット脱毛をすることで、自己処理のわずらわしさから開放されるだけではなく、人に言えない悩みをすっきりと解決することが出来ますよ。

 

 

VIOの脱毛範囲

 

Vライン(ビキニライン)
Vラインというのは、足の付け根の部分のVの字になっているところのことを言います。下着や水着などを着たときに気になる部分です。Vラインを脱毛することで、ムダ毛を気にすることなく、自分の好きな下着や水着を着ることが出来ようになります。

 

Iライン(陰部周囲)
性器の周りに生えている毛の部分をIラインといいます。最近は、下着のデザインも豊富で、Tバックなどはく人におすすめの脱毛部位です。Iライン脱毛は、それだけもメリットではなく、生理のときの蒸れが解消されたり、かゆみを予防できるなどの、衛生面でのメリットもあります。

 

Oライン(肛門周囲)
肛門周りの部位のことを、Oラインといいます。Oラインの毛には、排泄物がついてしまうことがあるので、衛生的とはいえません。ラインの脱毛をすることで、排泄物の付着を防ぐことが出来ます。

 

VIO脱毛のメリット
ムダ毛が気になる部分でありながら、IラインやOラインの部分は、自己処理をするには難しい場所です。また、デリケートな部分であるため、自己処理でトラブルをおこしてしまうことも少なくありません。医療脱毛は、デリケートで、自分では見えない部分もしっかりと脱毛できるので、自己処理に悩むこともありませんし、トラブルを防止することにもなります。

 

常に清潔な衛生管理
エチケット部分は、デリケートな部分なので、衛生管理は大切です。クリニックでは、剃刀やシェーバーなどは使い回しをしないなど、衛生管理を徹底しています。

 

痛みについて
脱毛をするのに気になるのは痛みです。痛みの感じ方には個人差があるので、一概には言えませんが、デリケートな部分であるため、ほかの部分よりも痛みを強く感じるということがあるようです。