医療脱毛

医療脱毛についてのお話

薄着の季節になると特に気になるムダ毛。自分で処理するのは大変ですし、トラブルも多くあまりおすすめできないと言う人も多いですよね。実際問題、まだまだ自己処理している人の方が多いと思いますけれど。

 

でも医療脱毛は、最近かなり一般的になってきている脱毛方法です。名前の通り、レーザーを使って脱毛をするというものですが、医療脱毛に使われているレーザーというのは、メラニンなどの黒い色にだけ反応するようになっています。

 

その特徴を利用して、レーザーを毛の中のメラニンに吸収させることによって、熱反応で毛根から破壊して脱毛できるというもの。熱を利用するということなので、やけどや痛みなどの心配があるかもしれませんが、黒色にしか反応しないので、皮膚の部分には反応しないため、痛みも少なく安全な脱毛方法です。

 

医療脱毛で永久脱毛が可能なのですが、お肌の生理機能のためには、何も毛の無いつるつるの状態よりも、細かな産毛が多少残っていたほうが安全といわれています。

 

医療脱毛は黒色にのみ反応するので、目立つような毛を減らし、そのほかの毛を産毛のように目立たなくさせることもできるんです。

毛周期と医療脱毛の関係

毛は、見えているものだけがすべてだと思いがちなのですが、実は、目に見える毛は成長期と退行期の毛だけ。

 

毛には、成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、それを常に繰り返しています。わき毛で言うと、目に見えている成長期、退行期の毛というのは、約30から40パーセントといわれています。

 

ですから、目に見えている毛というのは、約半分ほどで、残りの半分は、目に見えていないんですね。毛周期も、毛の部分によって違い、髪の毛なら4年から6年ですが、わき毛は早く、1ヵ月半から2ヶ月サイクルになっているようです。

 

医療脱毛を行ったときに、レーザーの効果があるのは目に見えている成長期と退行期の約半分の毛のなかでも、メラニン色素を含んでいる成長期の毛だけです。

 

医療脱毛を1回したのでは、脱毛できているのは、ほんの1部分ということになります。医療脱毛は1回だけで効果が出るのではなく、何度か時間をおいて脱毛することによって、つるつるお肌を手に入れることが出来るのです。

レーザー脱毛の痛み

どんなことも初めてのことは不安がつき物です。レーザー脱毛も同じです。脱毛は痛みが伴うというイメージがあり、レーザー脱毛も痛いのではないかと思ってしまいますね。

 

レーザー脱毛は、メラニンに反応し、熱によって毛根などを破壊することで脱毛が出来るのですが、熱で破壊するので、毛穴が高温になり、一瞬痛みを感じることもあるようです。

 

痛みは人それぞれ感じ方が違うので、一概には言えませんが、レーザーの機器によっても痛みが違い、アレキサンドライトレーザーはゴムでぱちんとしたような痛み、ダイオードレーザーはチクチクした痛みとも言われています。

 

しかし、レーザー脱毛の機器も年々進化して痛みが少ない機種が増えていますよね。そのうち全く痛みを感じないレーザー脱毛機器がでてくると思います。

 

また部分によっても痛みは違い、顔やデリケートゾーン、手足の甲などのデリケートな部分はほかよりも痛みを感じやすいようです。

 

クリニックでは、部分によっては麻酔クリームを使うなど、痛みを軽減できるようにしてくれるところも多いので遠慮なく言いましょう。

医療脱毛による美肌効果

医療脱毛は、面倒な脱毛の手間をなくしてくれることだけがメリットではありません。医療脱毛には毛穴を目立たなくしてくれる効果や、美肌効果もあるのです。

 

レーザー脱毛をしていなければ、自分で脱毛をすると思います。自己処理は、毛抜きやかみそり、ワックスなどで行うと思いますが、自己処理というのは、肌にダメージを与えてしまっているのです。

 

ダメージを受けたお肌は老化が早くなってしまいますし、色素沈着や細菌感染などのリスクもあります。医療脱毛は、スキンケアの面からも欠かせないものになってきています。